> 月ヶ瀬のお土産・特産品
logo 【月ヶ瀬のお土産・特産品】
H O M E  
月ヶ瀬の生活
  月ヶ瀬行政センター
  公共施設
  銀行・郵便局・農協・病院
ヘアーサロン・ガソリン・その他
  学校・教室
  修 理
月ヶ瀬の観光
  月ヶ瀬の観光
  月ヶ瀬梅渓
  月ヶ瀬のお土産・特産品
  月ヶ瀬.com【観光特化】HP
 月ヶ瀬の神社&お寺一覧
 月ヶ瀬での宿泊
 月ヶ瀬での喫茶・食事
買い物
  食料品・酒屋・薬屋
車・お茶・電気・服・農機具
ネット通販

 

月ヶ瀬健康茶園

月ヶ瀬健康茶園 大和茶

良質の茶葉を育む気候風土に恵まれ、茶栽培の歴史は300年以上。 茶の安定供給に欠かせない生産工程の効率化と機械化を推進するとともに、各種品評会で高い評価を受ける品質水準の維持も実現させています。 香り高い月ヶ瀬のお茶は、「月ヶ瀬茶」として親しまれ好評です。

月ヶ瀬健康茶園

月ヶ瀬紅茶

「さやまみどり」特有の爽やかな柑橘系の香味が感じられる紅茶に仕上がりました。収穫した新芽が出来るだけ壊れないよう意識して揉み込んだため、フルリーフタイプの手摘み茶葉のような形状です。茶園は、礫混じりの赤土。山頂から北東側に傾斜。横畝。

月瀬漬

小谷商店 月瀬漬

月瀬漬の由来は凡そ今より約750年の昔、京の都より梅を取り寄せ、紅の原料とし、栽培されました. 明治の中頃より月瀬漬として製品化されたのが 始まりで、 当舗では先祖代々より厳選された梅より種子を取り除き入念な加工法で、 酸味の強さをより甘くし 新鮮なしその葉で一つ一つ巻包みし砂糖漬けにしたものが月瀬漬です。 尚、月瀬漬姉妹品の「青梅の砂糖漬」干梅、 ご進物・ご贈答に、

うばい

うばい

別名「黒梅」とも呼ばれ、梅の実を煙で黒くいぶしたもの。月ヶ瀬では紅花染め用や紅用に生産され、京都の染物屋へ届けられていました。始まりは元弦の乱(1331)に笠置から後醍醐天皇が落ち延びてきたとき。女官が月ヶ瀬方面に逃げ、そのときに世話になった礼として烏梅の製法を伝えたといわれています。

梅古庵 梅ジャム

梅古庵 梅ジャム

梅農家でしか作れない!木熟梅を使った無添加ジャム。特別栽培梅 完熟梅ジャム>

梅酢たくあん

梅酢たくあん 月ヶ瀬観光物産

国内産の大根を寒干しして、月ヶ瀬産梅酢と赤しその入った床で漬けています。 甘酸っぱいうめずの風味を、赤しそが引き立たせます。

梅干

月ヶ瀬の梅干 地元農家

地元農家が各家の味を大切にした、手作り梅干。地元特産品コーナーで販売